So-net無料ブログ作成
検索選択

冬到来! [山登り]

林道が通行止めになる前にトン西から弥山へと。
連休とあって駐車場にはぎょうさん車が・・他県ナンバーのあらしですわ~。
1番異彩をはなってたのは水戸ナンバーのGTRだな。

久しぶりの泊まり装備は重い(>_<)。
のんびり登って12時過ぎ到着。りげんたいしさんからの登りは雪が凍ってツルツル・・滑らないように慎重に歩いたので時間がちとかかったかな?。


テント設営してたらガスってしまいテンションダウン。
ダラダラし15時半から宴会開始。
19時にはいい感じになりシュラフの中に潜りこむ。
夜の気温はー5度・・風が強かったから体感温度はー10度近かったかな。

翌日は無風晴天!。
朝日を見てはっきょうへと登り下山。ツルツルの凍った雪でへっぴり腰になりながら冬到来の山を堪能。
あと数回いけば体も冬の寒さに慣れるかな?。


image-20121127073110.png



nice!(0)  コメント(0) 

池木屋山 [山登り]

先週末(11月10日)はひっさしぶりの山でした。
何年か前に台高縦走で通過した山・・・池木屋山。
今回のルートは宮ノ谷から滝を眺めつつ登ります。

最初は沢そいで軽いアップダウン。
東屋を過ぎ高滝からゲキ登りと・・・そりゃそうです滝を巻くのですから。
四足歩行で登ること40分・・奥ノ出合まで直ぐってところでハチに刺される。
ハチがブンブン飛んでるな~と思いつつスズメバチではないので安心してたら
ぐさっとひとつきですわ~。

左のもみあげにひとつき・・メッチャ痛かった~(>_<)。
登り始めて2時間も経たないうちに戦意喪失。

奥ノ出合からも永遠と続くキツイ登り・・運動不足の僕の足は悲鳴を上げ
左モモがつり出し、治まったと思ったら右のモモがつり出す・・・を繰り返し
なんとか頂上に到着。



下山ルートに使った道もハードな下りで、パンパンになったモモに
追い打ちをかけていじめるだけで。
やっと道路が見えたと思ったら最後の難関・・ちぐさ沿いのゲキ下り。
ちぐさに膝打つわ、ザックのヒモがちぐさのやぐらに引っ掛り半宙吊り状態に
なるわで・・もうヘロヘロ。

ま、久しぶりにガツーンと歩けて良かったかも?。
写真撮る気力も無かった今回の山行でした・・・はははは。
nice!(0)  コメント(0) 

恒例山行 [山登り]

年始早々いろいろありましたが、恒例行事はいろいろあります。
まず1月のイベントが冬季弥山山行であります。
メンバーは、わ~さん、あにさん、なごさん、やっさん、こての5人。

今年も去年に引き続き雪が豊富で、大川口までいけるかどうか心配でありましたが
昨年みたいな大寒波の影響はなく、無事林道ゲートまで到着。
冬季のみ登るルートは昨年夏の大雨の影響で、所々崩壊しておりちょっと厳しい
ルート取りとなった。

雪の急登はやっぱしんどいな~。今回はスノーシューよりわかんでした。
途中エネルギー補給に失敗しバテバテ状態となる・・・まいった!。
(こまめに補給する癖をつけなくては・・・最近バテるの多いからな~)

8時出発~14時半弥山小屋到着・・・まずまずの時間です。
ぐ~だぐ~だだ~らだ~らして15時半宴会開始・・・今年も長いですよ~。


5時半起床してご飯を作るが・・・失敗・・・。
風はありますが天気いいので、下山準備を済ませ空身で八経へと登る。
いや~風がなかったらほんと絶好の山日和だったのにな~・・・ま、晴れてくれた
んでそれだけでもOKだす。
12時過ぎ駐車場に到着し、温泉に入り、うどんを食べて帰宅。
体バッキバキだけど楽しかった~。

blogpic_490.jpg

blogpic_491.jpg
nice!(0)  コメント(1) 

冬ですね~ [山登り]

京都・有馬では紅葉が見ごろなどなどTVで言ってました。
・・・が、山の上はもう冬でした・・・寒かった~~。

先週土曜日(26日)は久しぶりの好天となり、冬前のトレでガツーーンと歩こうとしたんですが
山の上・・・稜線近辺は白く「霧氷がついてる!」って事で急遽予定変更。
トン西から八経を目指すことにした。
気温が急激に下がったのか、霜柱が長かった!。

blogpic_486.jpg

トン西から奥駈出合いに出た頃には太陽があたっている斜面の霧氷は全て消えていた。
う~ん登るの遅すぎたかな?。(っても出合いで9時ですが・・・)
ま~しょうがないと言うことで弥山小屋目指して歩く。日陰にはまだ解けてない雪?が・・・。

小屋で休憩せずそのまま八経へ向かう。
小屋の所にもまだ解けずに残ってました・・・霧氷が!。

blogpic_487.jpg

blogpic_488.jpg

とりあえず八経へ行き直ぐに小屋へと戻る。
ベンチでランチタイムです。ま~この時期にしては人がいる方かな?。
気温がかなり低かったようで太陽にあたっているのに寒かった~~。

ランチ後はのんびり下り15時前には駐車場に着いた。
う~ん、久しぶりの晴天はガツーーンじゃなくのんびりがいいよね。
nice!(0)  コメント(3) 

源流へ [山登り]

お盆休みは大井川のとある源流部へと・・・。
沢登ではなく登山者も山靴で行くような源流部遡行である。

南アルプスの雄大なふところに飛び込んだのはこれで2度目である。
しかし、初日の歩行は寝不足(1時間も寝てない)のうえに、結構厳しい山越え・・・
足がなかなか進まず今回の山行は「まずい!」と思った。

でも、2日目からはヘロヘロではあったが、な~んとか予定通り歩くことができて
一安心。
う~ん、確か冬の八ヶ岳も寝不足で初日の快晴をパ~にしたしな~。


ま、とりあえずレポは後日ってことで・・・。

blogpic_476.jpg

blogpic_477.jpg

間近で雷鳥の親子が見れました。
この時期見たの始めてかも!。
nice!(0)  コメント(4) 

稲村小屋は・・・ [山登り]

週末(30日)は、稲村ヶ岳へ登ってきました。
・・・ま~雪の多さに稲村小屋まででしたが・・・はははは。

メンバーは、わ~さん、なごさん、こての3人。
弥山、八経と違い結構な人が入ってるのでトレースばっちりで「いけるで!」と言う
事で稲村ヶ岳へ・・・。
母公堂まで入ろうとしたが、ゴロゴロから先は轍なくカメさんになりたくないので
ゴロゴロ前に車を停める。

出だしからこの雪の量・・・いや~この先のこと考えたくないです。
先行者はいるのでラッセル無しでいけそうだ・・・が、雪の量が多く楽をさせては
もらえないようである。

blogpic_456.jpg

法力峠でスノーシューを履く。
前半は軽快に歩けたが、だんだんきわどい斜面のトラバースが増えてくる。
何度か滑り落ちそうになりヒヤヒヤした。(ま~雪が多いのでケガはしないけどね~)
小屋手前のいやらし~ところでピッケルを出した。

12時、小屋に到着。
・・・っていうか、小屋が小さくなっててびっくりした。入り口のところまで雪で埋まってて
「え?」と・・・2Mは積もっているかな。
ここまでの事を考えると頂上まで行って下山するのは時間的に厳しいのでここまで。

ささっと降りて温泉へ・・・。
はぁ~今年の大峰はほんと凄いです。

blogpic_457.jpg
nice!(0)  コメント(2) 

弥山惨敗 [山登り]

先週末(1月22-23日)は毎年恒例の弥山宴会へと・・・。
ラッセル者2名を欠く中でたどり着けるか不安の中、現地へと・・・。
メンバーは、わ~さん、パパ、なごっちゃん、ばたやん、こての5人。

天川手前から山・路面ともに雪・・・凍結してないか不安のなか大川口目指して走る。
・・・が、どんどん路面には雪が・・・しかも轍にハンドルとられまくって怖い怖い。
熊渡で行くか行かぬか迷ったが、とりあえずいけるとこまで突っ込むことにした。
・・・これが、あとで大変な事になるとは・・・。

大川口手前で吹き溜まりに道を阻まれ、弥山へのルートをカナビキ尾根経由に変更。
熊渡に到着しスタートできたのが午前9時・・・遅すぎます。


林道を歩くこと1時間、尾根の取り付き到着。
ここからはスノーシューを履いて登ることに。
樹林の中だがかなり雪がある。スノーシューのおかげでスイスイと登っていく・・・が
尾根にのっかるところから雪は深くなりスノーシューでも悪戦苦闘。

急騰をあえぎながら登ったが、標高1250mで既に13時・・・ここから稜線までは
まだ標高差200mは登るし、ここから雪はもっと深くなるし・・・で撤退することに。
さすがに出発する時間が遅すぎました。

blogpic_455.jpg

鍋具財もあるし、泊まりで行ってくると言った手前帰れない人もいるようなので
大阪さんとこのバンガロー借りてビバーク?することに・・・。

いやいや、無事に帰れることが一番の選択です!。
青空が悲しかったです・・・とほほ。
nice!(0)  コメント(2) 

はんぱね~~ [山登り]

近畿の山、今年は凄すぎます!。
雪の量が凄すぎます!。

しかも気温低い日が続いているのでじぇんじぇんしまっておりません。



・・・っていうか、感じ悪いことはやめましょう。
つかず離れずのトレース泥棒は!。
nice!(0)  コメント(0) 

八ヶ岳 [山登り]

3連休の前半(8、9日)は、八ヶ岳へと行ってきました。
風邪が治っておらず「登れるか?」という不安でありましたが・・・見事テン場でダウン。

メンバーは毎度の、わ~さん、なごさん、やっさん、げんさん、こての5人である。
朝3時半に美濃戸に到着・・・外気温は-15℃・・・超寒いです。
仮眠をし7時過ぎに出発。
南沢経由で行者小屋のテン場まで行く・・・この時点では体調バッチリ!。
天気も良く風も無く赤岳からの展望を期待しつつテン場まで行く。

テン場到着後テント設営。
この時点からだんだん気分が悪くなる。(吐き気がした)
阿弥陀チームと赤岳チームに分かれてアタック開始!。僕は赤岳チームで文三郎尾根
から登る・・・が、体が重い・足が動かない・・・と100mも歩かないところでダウン。

一人テントに戻り横になる。
3時間後みんなが戻ってきた声で目が覚める。吐き気もなく気分は良くなった。
体のだるさ重さもなくなる・・・風邪と寝不足のせいなのだろうか?。
ちょっと早いが、晩御飯を食べ19時には就寝。

blogpic_452.jpg

翌日、わ~さん、やっさん、げんさんは大同心へと登る。僕は一人赤岳へアタック。
なごさんはお腹いっぱい満足なので、早々に下りてグビっとするそうで・・・。

朝から天気悪く真っ白で風もあり条件は最悪である。
体調も戻ったのでとりあえず登れるところまで登ろうと文三郎尾根を登っていく。
樹林帯を抜けたあたりから風が強くなってくるが、登れない程ではない。

中岳のコルに到着した時には、立っているのもやっとなくらいの強風!。
ピッケルを雪面に突き刺し飛ばされないようにする。
ゴーグルをザックに閉まったままだったのが失敗・・・この風ではザックを下ろす事も
できずただただ風が弱まるのを待つだけ。
5~10分・・・風が収束するのを待ったが弱まらず・・・見上げればあと少しって所まで
来ていたが飛ばされるのは御免なので撤退。
・・・この強風で赤岳登っても辛いだけだし・・・。

今年の八ヶ岳は不完全燃焼で終わってしまいました。
あ~~初日の体調不良さえなければな~~残念。
nice!(0)  コメント(2) 

荒療法? [山登り]

1月3日に、今年「初」の山登りへと行ってきました。

元旦からちと熱気味だったのが2日に見事発症・・・夜中に37℃越え。
年末忘年会で菌を貰ったようです・・・誰からかは判明しておりますが・・・。

体動かし一発熱を出しきろうということで無理を承知に山へと・・・明神平なので
そうきつくないだろうと軽く考えていたのが失敗。
暮れから元旦にかけた寒波により、とんでもない積雪量となり林道終点の駐車場
まで木が倒れて道が塞がれている状態。
林道歩き1時間半の追加メニューであります。

blogpic_449.jpg


沢を渡渉する前でかなりヘロヘロ・・・鼻つまってるわ耳は変だわで・・・。
完璧に風邪の症状です。
スノーシューを付けて出発。昨日?一昨日?人は入ってる・・・と思っていたら
人は入っておらず先行者に追いつく。木で道を塞がれ四苦八苦してる模様。
そこから先は数人で交代しながらラッセルであります。
かなりの積雪量で疲れます。

blogpic_450.jpg


なんとか13時過ぎ明神平に到着。
風もなくベストコンディションでありますが、体調はバットコンディション・・・
あまり食べてなかったので途中シャリバテ気味に・・・。
お昼もあまり食べれずカップラーメンを強引に食べるがなかなか喉を通らずもがく。

14時下山開始。
林道歩きがありもたもたしてはいられないが、熱が出てきたようで頭はフラフラ状態。
つぼ足ではズボズボはまりペースは落ちる。
なんとは16時過ぎ駐車場に到着・・・休憩無しノンストップは疲れました。

帰宅後、体温を測ったら37℃オーバー・・・咳も出てきました。
これは週末のやばいです。

blogpic_451.jpg
nice!(0)  コメント(3) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。